超概説「中国臓器移植の闇」 続きを読む

『臓器収奪-消える人々』

~消える人々 - 中国の生体臓器ビジネスと大量殺人、その漆黒の闇 ~

7年間にわたる中国臓器狩り問題の調査報道により、カナダのデービッド・マタス、デービッド・キルガー両弁護士とともに2017年度のノーベル平和賞候補にもノミネートされた英国在住の米国人ジャーナリスト、イーサン・ガットマンの著書『臓器収奪-消える人々』(原題「The Slaughter」)。2022/1/25に発売

「強制臓器摘出の阻止と撲滅に関する世界宣言」

中国共産党の蛮行を阻止するよう呼びかける

『中国臓器移植の真実』

~美談報道の裏で何が起きていたのか~

臓器提供者は誰なのか。美談報道の裏で起きていた戦慄のジェノサイド──中国医療の闇をあばく、SMGネットワークからの渾身の告発書。令和3年3月15日 集広舎より発売中

メディカル・ジェノサイド

~中国の臓器移植産業の隠れた大量虐殺~

現在中国では、国内で自主的に臓器を提供する者はほとんどいない。中国政府は死刑囚から臓器を摘出していることは認めているが、その数は中国国内での移植件数に比べてわずかに過ぎない。10年の調査に基づく、臓器源の真相に迫るドキュメンタリー。無実の犠牲者数は毎年数万人に上ると推定されている。人道に反する犯罪を暴く。

※日本語吹替版へのリンク(VIMEO)

現在の中国では、どの国よりも多く、臓器移植が行われています。しかし臓器源に限りがある中で、どこから臓器が取られているのでしょうか?

国際的な調査者による10年にわたる調査の結果、巨大な臓器移植産業の需要を満たすため、中国政権が良心の囚人を系統的に殺害していることが明らかになりました。

世界中の患者が中国で渡航移植している現在、臓器のための殺害はグローバルな犯罪と化しています。

 

イベント案内

【22/1/24(月)~1/30(日) 熊本】日本ウイグル協会の「ウイグルの真実」パネル展と講演会(1/29土)

2021年12月26日

熊本にて、日本ウイグル協会の「ウイグルの真実」パネル展と講演会(イリハム・マハムティ氏)が開催されます。 後援は、ウイグルの真実パネル展 & 講演会熊本実行委員会

【22/1/15東京】日本ウイグル協会主催 櫻井よしこ特別講演会 ー ウイグルジェノサイドに日本がどう向き合うべきか

2021年12月26日

日本ウイグル協会主催のイベントです。 櫻井よしこ先生をお招きしての講演会が開催されます。 欧米各国政府・議会からジェノサイド(民族大量虐殺)や人道に対する罪に認定され、制裁も発動されているウイグル問題に日本がどう向き合うべきか、徹底討論します。

 

 

 

最近の記事

【22/1/5(水)~1/9(日) 神奈川県逗子市】日本ウイグル協会の「ウイグルの真実」パネル展と証言集会(1/9日曜)

2021年12月26日

令和4年1月5日から9日まで、ウイグルの真実パネル展 1月9日に、ウイグル証言集会が開催されます。 会場は:逗子市民交流センター

zokishudatsu

ワニ・プラス出版「イーサン・ガットマン著『臓器収奪-消える人々』」22/1/25発売

2021年12月20日

 7年間にわたる中国臓器狩り問題の調査報道により、カナダのデービッド・マタス、デービッド・キルガー両弁護士とともに2017年度のノーベル平和賞候補にもノミネートされた英国在住の米国人ジャーナリスト、イーサン・ガットマンの著書『臓器収奪-消える人々』(原題「The Slaughter」)が発売されます。弊会アドバイザーの鶴田ゆかり(中国での臓器移植濫用停止ETAC国際ネットワーク日本担当)が翻訳を担当しています。書店の店頭にならぶのは1月25日からですが、すでにamazonで予約受付が始まりました。

【21/12/15 福岡県柳川市】「中国政府によるウイグル等への人権侵害に関する意見書案の提出」の、本会議にて全会一致で採択

2021年12月16日

福岡県柳川市議会は、国会及び政府に対し、中国におけるウイグル人等への人権弾圧をめぐり、諸外国と共に毅然とした対応をとることを要請する意見書を全会一致で採択しました。
 また意見書では、臓器狩り問題にも触れ、今年6月、国連人権理事会による「中国当局がウイグル人やチベット人の囚人、中国政府が非合法化している法輪功の関係者などから、同意を得ずに臓器を摘出している懸念がある」との報告書の一節を引用しています。

国際的な医療倫理団体主催のオンラインセミナー、米下院議員ら、臓器狩りや人体展を非難

2021年12月12日

世界人権デーの10日、生命倫理問題に取り組む医師会「臓器の強制摘出に反対する医師会(DAFOH)」によるオンラインセミナーが開催されました。出席した各国の議員らは中国共産党による臓器移植の問題を非難し、国家的な人道に反する罪の即時停止に向けた動きが必要だと広く呼び掛けました。 セミナーに参加したスコット・ペリー米下院議員は「人間の良識の基本的基準を無視する中国共産党の邪悪な意図に挑戦しなければならない」と述べ、一刻も早い臓器狩りの停止を呼びかけました。

英・ウイグル民衆法廷、中国のウイグル迫害を「ジェノサイド」と認定

2021年12月11日

英国で開かれていた独立民主法廷「ウイグル法廷」は12月9日、中国共産党政府がウイグル人女性に対し強制不妊をはじめとする種の根絶行為を行っていた点をとらえ、これを「ジェノサイド(集団虐殺)」と認定しました。法廷は今年6月と9月にロンドンで証人尋問をし、元囚人や専門家など70人以上が証言台に立ちました。一昨年の「臓器狩り民衆法廷」に続き、判事団議長をジェフリー・ナイス卿が務めました。中国の横暴を許さない包囲網が徐々に狭まっています。

【産経BIz】【中国観察】中国の移植用臓器、出所は「ウイグル族の囚人」か 欧米で相次ぐ指摘

2021年12月9日

産経Bizにて、中国臓器移植問題の記事が掲載されました。 この記事には、弊会 野村と協力団体であるETAC(中国での臓器移植濫用停止 ETAC国際ネットワーク)の鶴田氏へのインタビューの内容があります。(ニュースサイトで読む

 

 

注目記事

【英国】中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像【日本語字幕付き】
英国で実施された、中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像(9分)の日本語字幕付き動画が公開されました。
議長:ジェフリー卿
「10年以上におよび、中華人民共和国の邪悪で残虐な行為は、一般の問責を浴びてきた・・その残虐さと邪悪さは中世の拷問・処刑に匹敵する」
・・・・
「我々全てが生息する地上では、極端に邪悪なものが一時的に権力を握っている。現代に知られる最古の有数な文明国を、現在は邪悪が司っている。我々が尊重し学び取れるはずの国である」

調査報道セブン

【TV朝鮮】「調査報道セブン」中国渡航移植の闇 ― 生きるための殺害

2017年秋、韓国のTV朝鮮より放映された”調査報道セブン”「中国渡航移植の闇 ― 生きるための殺害 中国での移植ツーリズムの実態を暴く」の日本語字幕付の映像が公開されました

映像では、臓器移植が必要な患者として、実際に中国臓器移植を行う病院へ行き、その実態を調査しています。

 


pandaA_B

ポスター拡散キャンペーンにご協力ください!
【19/9/24】印刷用の高画質版データを掲載しました。
私共SMGネットワークは、中国の臓器移植問題をより多くの人に知っていただくための活動の一環としてポスターキャンペーンを始めました。人の集まる所に当ポスターを張っていただき、多くの人にこのポスターを見ていただき、この問題に関心をもっていただきたいと思っております。ご協力の程、よろしくお願いいたします。