報道・活動記録

 

【21/9/27】「強制臓器摘出の阻止と撲滅に関する世界宣言」 中国共産党の蛮行を阻止するよう呼びかける

2021年10月13日

 9月26日、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの5つのNGOが共同で開催する「強制臓器摘出の阻止と撲滅に関する国際サミット」が閉幕した。サミットには19か国から38名の専門家が参加した。主催団体の統計によると、6つのセッションは合計数十万人が視聴した。主催団体はサミットの最終日に「強制臓器摘出の阻止と撲滅に関する世界宣言(Universal Declaration on Combatingand Preventing Force Organ Harvesting)、以下:世界宣言」を発表し、中国共産党の蛮行を阻止するよう全世界に呼びかける。

9/15 「中国政府によるウイグル等への人権侵害に関する意見書案の提出」の請願 福岡県八女市議会の本会議にて採択

2021年9月26日

SMGの活動にご賛同いただいている牛島孝之 八女市議のご紹介を受けて提出した(請願人=近藤氏)「中国政府による新疆ウイグル自治区などへの人権侵害に関する意見書案提出を求める請願」について、9/15 八女市本会議にて採択されました。本会議前の委員会の審議は無所属および公明党・共産党の議員によって行われましたが、全会一致での可決となりました。 産経新聞の8/20付の記事「対中人権侵害非難意見書、地方議会で採択の動き拡大」によれば、 これまでに少なくとも14の地方議会で意見書が採択されていますが、今回可決された意見書では、一歩進んで ウイグル人および法輪功の学習者等に対する強制的な臓器摘出問題についても直接触れています。

【21/9/17~9/26】「強制臓器摘出の阻止・撲滅に関する国際サミット」の開催のお知らせ

2021年9月7日

このサミットは国連総会に合わせ9月17日~9月26日の間に行われ、中国における強制臓器収奪の現状を確認し、防止と根絶に向けて具体的な方策を提示します。 パネリストとして、主要7ヵ国(G7)を含む世界19カ国から、欧州議会議員、国会議員、医師、大学教授、裁判官、弁護士、人権活動家等 合計35名が参加し「医学、法律、政治、メディア、市民社会、立法政策」の6つの話題について討議します。 参加無料で、一般の方もオンラインにて参加いただけます。
※21/9/17 開催時間の記載が誤っておりましたので、訂正しました。 20:00~22:30 → 21:00~23:30 申し訳ございません。

【産経新聞】中国の移植用臓器、出所は「ウイグル族の囚人」か 欧米で相次ぐ指摘

2021年8月26日

拘束されたウイグル族やチベット族の臓器が強制的に摘出されている-。国連人権理事会の特別報告者が6月、同意もなく臓器を移植用に取り出す「臓器狩り」が、中国で少数民族の囚人らを対象に続いていると懸念を表明した。 ・・・・ ニュースサイトで読む

読売新聞オンライン

【読売新聞】少数民族の囚人から、同意得ず移植用に心臓など摘出か…中国に国連人権委が調査受け入れ要求

2021年7月22日

【ジュネーブ=杉野謙太郎】国連人権理事会の特別報告者は14日、中国当局がウイグル族やチベット族の囚人らから同意を得ずに臓器を摘出している懸念があるとして、中国政府に、国際的な独立組織による調査を受け入れるよう求めた。  特別報告者らの発表によると、当局は国内で少数民族の囚人らに強制的に血液検査やX線検査を受けさせてデータベースに登録し、移植用だとして心臓や腎臓、肝臓などを取り出しているとの情報がある。被害者には、中国政府が非合法化している気功団体「法輪功」の関係者やイスラム教徒らも含まれるという。・・・・ ニュースサイトで読む

【日本経済新聞、産経Biz】中国の信教の自由抑圧を批判 米報告書

2021年7月3日

米国のアントニー・ブリンケン国務長官は5月12日、「世界の信教の自由」に関する国務省の年次報告書を発表しました。 日本経済新聞の記事よりより一部抜粋 ・・・ 【ワシントン=芦塚智子】米国務省は12日、世界の「信教の自由」に関する2020年版の報告書を発表し、中国がイスラム教徒のウイグル族弾圧など宗教の抑圧を継続していると非難した。 ・・・・ ニュースサイトで読む

【産経新聞】対中非難決議に理解を ウイグル協会が公明に要望書

2021年7月3日

【産経新聞】在日ウイグル人で作る日本ウイグル協会は28日、中国・新疆(しんきょう)ウイグル自治区などで起きている中国政府による人権侵害行為を非難する国会決議への賛同を求める要望書を公明党の全所属議員に発送した。同党は先の通常国会で非難決議の採択に消極的な姿勢を示しており、協会は秋に予定される臨時国会での採択に向け、公明の理解を求めたい考えだ。・・・ ・・・・ ニュースサイトで読む

ウイグル強制収容所

【AFP通信】中国少数民族、臓器摘出の対象か 国連人権専門家らが懸念

2021年7月3日

【6月15日 AFP】国連(UN)の人権専門家らは14日、中国で拘束されている少数民族が強制的な移植用臓器摘出の対象とされている可能性を示す「信頼に足る情報」を得たと発表した。一方、中国政府はこれを激しく否定している。・・・ ・・・・ ニュースサイトで読む

ウイグル民衆法廷

【AFP通信】ロンドンで「ウイグル法廷」、中国による虐待の目撃証言を聴取

2021年7月3日

【6月5日 AFP】英ロンドンで4日、中国のイスラム系少数民族ウイグル人に対する人権侵害を調べる「ウイグル法廷」が開かれ、目撃者らが拷問や集団レイプなどについて証言した。・・・ ・・・・ ニュースサイトで読む

sakuradasensei

【桜田よしたか衆議院議員HP】中国女性、涙の訴え。

2021年6月26日

【桜田よしたか衆議院議員HP】中国女性、涙の訴え。・・・・日本の弁護士事務所に勤務する付氏(中国遼寧省出身)、母親は法輪功学習者で、6月初旬に中国当局より連行されている。また、父親は「日本にいる娘の活動を一切停止」するよう要求され、公職の解雇を迫られているという。付氏は中国共産党による信仰への迫害を訴え、中国政府が母親を早期釈放するよう呼びかけている。6月24日、陳情のため、櫻田義孝衆議院議員の事務所に訪問した。この時の記事が桜田先生のHPに掲載されています。 ・・・ ・・・・ サイトで読む