中国移植医療の実態

 

1.異常に短い待機時間
2.膨大な移植件数
3.謎の臓器源
4.2000年を境に急増したのはなぜ?
5.アニー証言の衝撃=初の内部告発
6.10年の調査が導き出した結論
7.巨大化する生体移植産業

 

1.異常に短い待機時間

   「最短では数時間」

 現代医学の常識では考えらないことが、中国移植医療の現場では起きています。

 中国での不法な臓器移植の実態を調査している中国臓器収奪リサーチセンター(本部・ニューヨーク)によれば、中国の病院で臓器移植の手術を受ける患者の待機時間は平均で1~4週間。最短では数時間で適合臓器が見つかることもあるそうです。

 これは世界の移植医学の常識からは考えられない短さです。ドナー登録制度が確立した世界最大の移植大国であるアメリカでさえ、心臓なら8ヶ月、肝臓なら2年2ヵ月、腎臓では3年1ヵ月の平均待機時間を要します。

        

 その上、移植手術に求められる血液型と細胞の組織型の同時一致がみられる割合は、血縁者以外では6.5%と、非常に低確率です。だからこそ、およそ8000万人のドナー登録を抱えるアメリカですら、適合臓器が見つかるまで上記のような相当の待機時間が必要になってくるのです。

 ところが、中国に行けば通常、1週間から4週間で適合する臓器が見つかるというのです。天津の東方臓器移植センターはかつて自身のウエブサイトで、「肝臓移植の平均待ち時間は2週間」と発表していました。あるいは、第2軍医大学上海長征病院の肝臓移植申請書には以前、「肝臓移植の平均待ち時間は1週間」と書かれていました。また、中国の肝臓移植専門機関の発表では、2005年と2006年に実施された肝移植の26.6%が臓器を数日ないし数時間で調達する緊急手術でした。

 なぜ中国でのみ、このように世界常識を覆す迅速な移植手術が可能なのか?
中国には、需要があれば直ちにそれに応えられる大量の臓器ストックがあるからだ――としか考えられません。

 しかし、臓器は冷凍保存が出来ません。与え手(ドナー)から摘出された臓器は、直ちに受け手(患者=レシピエント)の体内に移植する必要があります。通常、腎臓は12~24時間、肝臓は12時間、心臓は4~6時間以内に移植しなければ臓器として機能しません。つまり、家族間など双方の合意の上で行われる生体移植の場合を除けば、事故等で急死したまだ活動中の臓器以外、移植手術には使えないのです。

 これの意味するところは、明白です。中国の移植用臓器は生きたまま大量に保存されている――ということです。しかし、一体どうやって……?

 

2.膨大な移植件数

 「年間6万~10万件」

 中国政府の公式発表によれば2000年代、中国での臓器移植手術の数は年間1万件以下でした。しかし、専門家たちによる長年の調査・研究によればこの数字は実態をまったく反映していません。

 およそ10年にわたって中国臓器売買問題を調査してきたデービッド・マタス(カナダの著名な国際人権弁護士)、デービッド・キルガー(カナダの元政治家=閣僚経験者で弁護士)、イーサン・ガットマン(ロンドン在住のアメリカ人ジャーナリスト)3氏共同の最新報告(「中国臓器狩り/殺処分(Bloody Harvest/Slaughter)」)によれば、「中国の臓器移植手術は2000年を境に劇的に増え、年間6万~10万件の手術が実施されているはず」といいます。

 現在中国で臓器移植手術の認可を受けている病院は169ありますが、3氏による入念な調査によれば、未認可を含め実際は数百の病院が移植手術を実施しています。この数字は、中国で発行されるさまざまなメディアの報道、医療専門誌のレポート、個々の病院のウエブサイトからの情報、そして現地リサーチャーを雇った上での電話による直接取材などから綿密に割り出されたものです。2015年、中国人体臓器ドナー及移植委員会の高官黄潔夫は、近く認定病院数を300から500に増やす計画を繰り返し発表しました。

 政府発表の年間移植手術件数1万件は、移植手術で知られるわずか数ヵ所の認可病院の手術件数を合計するだけであっという間に越えてしまいます。「年間6万~10万」という最新調査結果が2000年以来続いてきたとすれば、「中国では2000年代に入ってから現在まで、およそ100万から150万の移植手術が行われてきた可能性があり、この数字は決して的外れなものではない」と、マタスは言います。

 年間の移植手術件数に関しては別の推計もあります。中国で30年間空軍医として勤務した後渡米し、ハーバード大学に研究員として籍を置きながら臓器狩り問題の調査に取り組んでいる汪志遠(国際組織「追査国際(WOIPFG)」を主催)によれば、臓器移植手術を年間平均2000~3000行う病院が96ヵ所あり、この数だけでも全体で19万2000件もの手術が行われていることになるといいます。

 

3.謎の臓器源

 「中国側の説明は矛盾だらけ」

 2000年代に入ってから激増した中国大陸での臓器移植手術に関し、中国政府は移植に用いられる臓器の出所を、「主に死刑が執行された囚人から」――と説明してきました。確かに「世界最大の死刑大国」と呼ばれる中国ですが、しかしその中国ですら年間の死刑数は数千件――多い年でも5000は超えません(国際人権団体アムネスティ・インターナショナルの推計による)。つまり、中国で年間に実行されるといわれる死刑数と移植手術数はまったく釣り合っていないのです。

 その後、2013年に中国はドナー登録制度を採用し、2015年には死刑囚からの臓器摘出を中止したと発表しました。しかし、2017年現在、ドナー登録数はいまだ5500人程度にとどまり、年間6万から10数万件規模で行われている移植手術のための臓器の出所は到底説明できません。

 だからこそ、ほとんどの臓器は裁判を経ることもなく思想信条上の理由で労働収容所のなかに囚われた「良心の囚人」から強制的に奪われたものではないか――という強い疑惑が生じているのです。

 では、場合によっては年間10数万の単位で闇に葬られている「良心の囚人」とは一体誰のことなのか――?

 下の写真を見てください。

 2017年秋、中国の新疆ウイグル自治区カシュガルの空港床上に現れた通行標識です。簡体字で「特殊旅客、人体器官運輸通路」と書かれています。「特殊旅客」はともかく、「人体器官」とは一体何か?

 これは即ち、人間の臓器のことです。

 要は、「ここは大至急運び出さなければならない切りたての移植用臓器が通る道だから一般人は並ぶな!」と言っているのです。

 「中国では人間の命は非常に安い。臓器のほうがずっと高い」
と、かつて臓器摘出に関わったウイグル出身の元医師エンバー・トフティは言います。

 空港の通路に標識が必要なほど、カシュガルでは数多くの臓器が人間の体内から切り出されて他所へ運ばれているのだ――と考えるしかありません。カシュガルだけではありません。2017年9月に学校などすべての公共機関でウイグル語の使用が禁止になったというウイグル自治区ですが、その後すべての成人男女に血液検査が義務付けられ、血液型を調べられたそうです。血液型情報は移植手術のための必須アイテムです。

 

 

4.2000年を境に急増したのはなぜ?

 「中共を超えた唯一の集団」

 中国共産党政権による国家ぐるみの臓器狩りは90年代にこのウイグルではじまったとされていますが、現在これら少数民族を圧して断然多数の生命が犠牲になっているのが、中国の伝統精神と伝統文化の復興を謳う「法輪功」の学習者です。それが証拠に、中国の臓器移植手術が激増したのはこの法輪功が中国共産党により「反党勢力」として大量検挙され始めた翌年、2000年からなのです。

 前年の1999年に何があったかといえば、この年の4月に起きた中南海事件を皮切りに法輪功に対する大弾圧が開始されました。

 4月、天津であった学習者不当拘束事件に抗議した法輪功のメンバー約1万人が、北京の中南海周囲で無言の抗議行動を起こします。これを脅威と感じた当時の中国共産党最高指導者江沢民は「政府に対する威嚇行為だ」として法輪功に「邪教」の汚名を着せ、多くの学習者を暴力的に逮捕しました。この時の様子を記録した画像や映像は多数存在しています。

 
 

 そして、この翌年の2000年から中国の移植産業が急拡大してゆくのです。たとえば肝臓移植手術の例だけで見れば、1999年まで年平均5件だった肝臓移植手術が、2005年には3212件と、およそ640倍にも激増しました。

2000年以降の増加が顕著に見られる東方臓器移植センター(天津市)での
肝臓移植件数の推移(公式ページに掲載されたものの保存版)

 90年代初期に起こった法輪功は、その後中国全土のみならず海外にも爆発的に学習者を増やし、90年代後半には遂に7000万人を超えて共産党をも凌ぐ中国最大の自発的グループと化してゆきました。

 これを脅威と感じた当時の共産党最高指導者江沢民は1999年7月、法輪功の掃討を宣言します。
「その名誉を毀損し、財を奪い、個体を消滅せよ!」
文字通りの殲滅司令でした。

 臓器狩り問題について調査を続けるカナダの元閣僚で弁護士でもあるデービッド・キルガーはこう言います。
「歴史上、特定の信仰団体に対する迫害は、すべてと言ってよいほど独裁権力によるものだった。信仰は独裁者以外への忠誠心を呼び起こすため、独裁者は自分以外への信仰を忌避するのだ」

 即ち、法輪功は中国共産党の絶対的権力を脅かす存在として、中国政府から目の敵にされたということです。

 99年以降、拘留されている仲間たちの釈放を求め、全国各地から多くの法輪功学習者が波状的に北京へ陳情に赴きました。その数、「延べ数百万人」と言われています。

 その後、正確な人数は現在もわかっていませんが、彼らのうち少なくない部分が官憲に捕らえられた後監禁されました。そしておそらくは数十万人の単位で、政治犯に強制労働等の懲罰を課す「労働収容所」や刑務所に送られ、長時間監禁された上で拷問を受けたと推測されています。

 

5.アニー証言の衝撃=初の内部告発

 「蘇家屯強制収容所で何があったか?」

 2006年は、「中国臓器狩り問題」が世界最大級の人権迫害事件として一躍注目を浴び、最初のエポックとなった年でした。

2006年3月17日、「大紀元時報」(世界的なネットワークを持つ法輪功系新聞)に掲載された蘇家屯病院(遼寧省血栓中西医結合医院)女性元職員の告白は、これ以上ないほど衝撃的でした。中共主導による国家犯罪である臓器狩りについて、初めての内部告発です。それまでにも、中国の病院で生きたままの法輪功学習者から臓器が収奪されているという噂はある種の確信を持って囁かれていましたが、このような赤裸々の内部証言は初めてでした。

 蘇家屯病院については、その直前にも日本のテレビ局で働いていたという中国人ジャーナリストによる告発がありましたが、「アニー」と名乗ったこの女性の証言はさらに直截的で生々しいものです。それというのも、彼女自身がこの病院で資材管理部門の職員として勤務していただけでなく、彼女の夫はこの病院の執刀医であり、2000余りもの手術を実際に経験していたというからです。

 在米の中国大使館より大紀元時報紙上の証言が「捏造」であるとの中傷を受けた彼女は、その後気丈にも(サングラスで目を隠してはいたものの)公衆の面前に顔を出し、不屈の姿勢で証言を続けました。

 デービッド・キルガーは彼女が名乗り出た3ヵ月後の6月、この女性と直接会って長時間のインタビューに成功しました。以下がその一部です。

 証言によれば、蘇家屯病院の地下には法輪功学習者を閉じ込めておく秘密の地下室があったといいます。

キルガー:(略)そこには何人くらいいたと思いますか?

アニー:法輪功の食料を調達して届ける係の責任者から聞いた話では、「大体5000人から6000人は拘束されていたそうです。そのころ中国各地で、たくさんの公安局や病院が法輪功学習者を拘束していました。病院で働く人の多くは法輪功学習者ではありません。私も違います。(略)元夫がこの件に直接かかわっていたことを知らなかったら、私は多分まったく興味を持たなかったでしょう。(略)最初のうちは、元夫も法輪功学習者だとは知りませんでした。彼は脳神経外科医です。角膜の摘出をしていました。そして2002年になって、自分が手術しているのは法輪功学習者だと気づいたのです。うちは臓器移植専門の病院ではないので、ただ摘出するだけでした。

キルガー:手術される人たちは、生きていましたか。それとも死んでいましたか?

アニー:通常、そういった法輪功学習者たちは心臓麻痺が起こるような薬品を注射されていました。そして手術室に運ばれ、臓器を摘出されます。注射のせいで心臓は止まっていますが脳はまだ機能しています。

キルガー:あなたの元夫は角膜を摘出した。手術の後、角膜を取られた人たちはどうなったのでしょう?

アニー:他の手術室に運ばれていきました。心臓、肝臓、腎臓などを摘出するためです。夫はある手術で他の医師と一緒になったときに、彼らが法輪功の学習者だということを知ったそうです。それから、彼らが生きたまま臓器を摘出されるということや、角膜だけでなく他の臓器も取られるということも、同じ時に知りました。

キルガー:他の臓器の摘出は他の手術室で行っていたのですよね?

アニー:後になって、医師たちが共同で作業するようになり、それからは一緒に手術を行うようになりました。最初のうちは情報が漏れるのを恐れて、臓器ごとに摘出する医師と手術室を変えていたのです。でも後になってお金が入るようになると、もう何も恐れなくなりました。おなじ部屋でさまざまな臓器を摘出するようになったのです。(略)うちの病院で手術された学習者は、腎臓や肝臓などの臓器が摘出され、皮膚が剥がされると、後はもう骨と肉ぐらいしか残りません。そういった遺体は病院のボイラー室に放り込まれました。 …………

 そして彼女は、元夫が2年ほどのあいだに2000人ほどのドナーから角膜の摘出手術を実施し、そのたびに月給の何十倍もの現金が支給されていたことを付け加えました。

 

 

6.10年の調査が導き出した結論

 「臓器収奪と売買は現在も続いている」

 アニーの内部告発により確証を掴んだNGO組織法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG、本部=ワシントンDC)は、デービッド・マタス、デービッド・キルガー、2人のカナダ人弁護士にさらなる調査を依頼します。ことの重大さを察した2人は、直ちに真相究明に乗り出しました。

デービッド・マタス氏、デービッド・キルガー氏による調査発表( 2006年)

 マタスは移民・難民など、国際的な人権擁護を専門とする弁護士で、キルガーは弁護士資格を持ちながら州政府検事総長や閣僚(アジア太平洋担当大臣)も経験した、カナダの政法界の重鎮です。

 証拠収集は主に、ボランティアのリサーチャーを通じ、個別の病院に対してのゲリラ式的電話取材によって行われました。そして2006年7月に第1回調査報告が、2007年1月に第2回調査報告が出されます。1回目も2回目も、両デービッドの結論は同じでした。――「無実の法輪功学習者を対象にした臓器狩りは確かに行われ、そして現在も続いている」

 その後さらに10ヵ月にわたる調査で、彼らの感触は強い確信となり、1冊の本にまとめられました。著書のなかで2人は言います。

 「人類はこれまでにもさまざまな悪行を重ねてきたが、ここまで邪悪な行為は過去に例がない」

邦訳名:『中国臓器狩り』 アスペクト社

 両デービッドの告発を受け、ニューヨーク市立大の著名な生命倫理学者であるアーサー・カブラン博士もまた、次のように結論づけます。

 「中国で起きていることは、決してただの臓器移植ではない。ある患者がある時にある臓器が必要な場合、たまたま処刑される死刑囚を頼みの綱にするのは、当然不十分だ。刑務所は目的を持って選んでいる。囚人の健康状態、血液型、細胞組織形態などを精査し、適する臓器提供者を見つけては、旅行者の滞在期間中に刑を執行する。これはすなわち、需要のために人を殺す、オンデマンド殺人だ」(『国家による臓器狩り』自由社)

 さらにはほぼ同時期、ロンドン在住のユダヤ系アメリカ人ジャーナリスト、イーサン・ガットマンも独自の調査を始めます。彼の調査方法は、120人以上に及ぶ関係者への個別インタビューでした。釈放された信者たちを中心に、労働収容所の元職員など、国外へ逃亡した中国人の関係者に可能な限りの面会を求め、聴き取り調査を行いました。その数、7年間で120人以上。――地球を一周する取材活動には、一応の結論を得るまで7年もの歳月を要しました。

 イーサン・ガットマン氏 とThe Slaughter (殺処分)

 その結果、導き出された結論は、両デービッドとまったく同様でした。――「中国の臓器狩りは確かに行われ、現在も続いている」

 2014年、彼もまた取材結果を1冊の本にまとめました。

The Slaughter (殺処分)の表紙

 そして、アニーの内部告発からちょうど10年が経過した2016年、さらなる追及を続けていたマタス、キルガー、ガットマンの3者は、「最新報告」として共同調査の結果を発表しました。翌2017年、3名の調査者はこの功績により、ノーベル平和賞の候補にも上がっています。

 

 

7.巨大化する生体移植産業

 「輸出される臓器」

 では、収監された法輪功学習者から摘出された臓器は誰に移植されているのか?

 まず最優先に適合臓器にありつく患者は、中国共産党幹部とその家族です。中国という国家の成り立ちからすれば、これは必然と言えます。

 そして次に適合臓器の恩恵を受けるのが中国国内の富裕層ですが、イーサン・ガットマンによればこの臓器が海外の富裕層へも〝輸出〟されはじめたのは、2000年代半ばであったといいます。

 「2005年前後、中国では年間6万から10万件の移植手術が可能な病院が各地に整いました。国外患者を受け入れる主に沿海部の大病院が『ドナーが貴方を待っています』といったたぐいの宣伝を各国語で出し始めました」

 肝臓=1000万円~、腎臓=600万円~、心臓=1300万円~、角膜=300万円~………中国での移植手術に要するおおよその金額です。移植大国であるアメリカの10分の1程度。しかも、他国では2年も3年も待たなければならない適合臓器が数週間で見つかるのです。――だからこそ、いくら制止されても中国で臓器移植の手術を受けようという渡航手術希望者が後を絶ちません。

 今日の中国におけるこの大規模な臓器売買は、デービッド・キルガーの推算によれば、年間1兆円前後の収益を国家にもたらしていることになります。1兆円といえばマケドニアのGDPに匹敵する数字であり、小なりとはいえ1国の国内総生産に相当するほどの巨額の富を産み出しているのです。すなわち、これはすでに医療ではなく産業であり、人体ビジネスであると言っても過言ではありません。

 現在、中国各地にはまるでリゾート・ホテルのように絢爛豪華な高層病院が立ち並び、移植病床の数を競っています。移植医療を中心にした医療産業は、今後の中国経済の成長分野の1つにも数えられ、5ヵ年計画の一環にすら組み込まれてすらいます。

 しかも、このビジネスは一切原価がかかりません。本来この地上でもっとも高価であるはずの人命が、中国では共産党幹部の意思1つでいとも容易に、しかも大量に闇に葬られ、その引き換えに取り出された臓器が高値で売られ、幹部たちの蓄財の道具に使われているのです。