報道・活動記録

 

pandaA_B

ポスター拡散キャンペーンにご協力ください!

2019年9月24日

【19/9/24】ポスター印刷用の高画質版データを掲載しました。 私共SMGネットワークは、中国の臓器移植問題をより多くの人に知っていただくための活動の一環としてポスターキャンペーンを始めました。人の集まる所に当ポスターを張っていただき、多くの人にこのポスターを見ていただき、この問題に関心をもっていただきたいと思っております。ご協力の程、よろしくお願いいたします。

2019.9.30【東京:参議院会館】世紀の汚点、中国による21世紀最悪の強制収容の実態を語る証言集会のお知らせ

2019年9月20日

この度、NPO 法人日本ウイグル協会ではSMGネットワークと共催で、9 月30日、下記の予定にて記者会見、及び院内証言集会を開催することになりました。 現在のウイグル(東トルキスタン)においては、中国政府は、大勢の著名文化人を含む何の罪もないウイグル人ら300 万人以上を、何の法的手続きも無く、無差別に強制収容し、ウイグル人の民族アイデンティティを破壊しようとしています。・・・

月刊WiLL-2019年8月号:「中国の医療虐殺に口をつぐむ各国の主要メディア」

2019年9月18日

六月十七日、ロンドンの「中国の強制臓器収奪に関する民衆法廷」では、いよいよ最終判決が下されようとしていた。 昨年十二月の第一回と四月の第二回の公聴会で証人(ウイグルや法輪功などに所属する当事者)二十八人、参考人(調査研究者)二十一人、あわせて四十九人もの発言者が出廷した裁判が、ようやく終着をみたのである。(野村旗守)

【英国】中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像【日本語字幕付き】

2019年9月15日

英国で実施された、中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像(9分)の日本語字幕付き動画が公開されました。 議長:ジェフリー卿 「10年以上におよび、中華人民共和国の邪悪で残虐な行為は、一般の問責を浴びてきた・・その残虐さと邪悪さは中世の拷問・処刑に匹敵する」 ・・・・ 「我々全てが生息する地上では、極端に邪悪なものが一時的に権力を握っている。現代に知られる最古の有数な文明国を、現在は邪悪が司っている。我々が尊重し学び取れるはずの国である

(EPOCH TIMES)【8.9のイベントの記事】専門家、15年積み上げた「臓器狩り証拠」明かす 東京で来日講演

2019年8月12日

【EPOCH TIMES】2019.8.9【東京:参議院会館】中国臓器狩り問題 国際民衆法廷報告会 & 第2回SMG臓器移植を考える全国地方議員の会 総会の記事が掲載されました。(こちらをクリックしてください)