報道・活動記録

 

中国の臓器移植について問題提起@福岡市博多区千代

2018年5月9日

平成30年5月7日(月)中国の臓器移植問題について街頭活動を実施しました。場所は福岡市博多区千代にある妙見通り交差点です。弁士は笹原事務局次長

2018-1-25-kilgour

THE FACT「脳死マシーン」で生きた人間の臓器を狩る中国政府

2018年3月20日

平成30年3月17日付「THE FACT」より、1月24日の日本外国特派員協会でのSMG設立記念記者会見の報道。

Screenshot 2018-02-24 18.03.57

三人の意見記事

2018年2月25日

私ども3名は「中国における臓器移植を考える会」(別称SMGネットワーク - Stop Medical Genocideの頭文字)の発足式を支援するために来日しました。同会の発足式が1月23日に参議院議員会館で行われました。この団体名が示す通り、移植を通して中国では医療殺人が行われています。無実の人々が臓器のために大量に殺害されています。・・・・

ジャコブ・ラビー医師のスピーチ

2018年1月29日

本日、私の個人的な旅路が、イスラエルから中国への渡航移植という険しい土地に突入し、イスラエルの新しい臓器移植法の成立へと導かれ、イスラエルの臓器提供と移植の状況を100%変えることになった経緯をお話ししたいと思います ...

2018-1-23-matas

デービッド・マタス氏のスピーチ

2018年1月29日

中国の臓器移植はどの程度までが闇市場であり、どの程度まで中国共産党と中国政府が駆動しているのでしょうか? 今日はこの疑問を中心に取り上げたいと思います。  ...『最新報告書』に、中国で臓器のために無実の人々が大量に殺害されていることは国家/党が駆動 しているといういくつかの証拠があることだけでもお伝えできればと思います。中国で臓器のために無実の者が大量に殺害されていることは、国家/党が先導する者であることを示す9つの点を指摘していきます。