中国における臓器移植は何が問題? 続きを読む

メディカル・ジェノサイド

~中国の臓器移植産業の隠れた大量虐殺~

現在中国では、国内で自主的に臓器を提供する者はほとんどいない。中国政府は死刑囚から臓器を摘出していることは認めているが、その数は中国国内での移植件数に比べてわずかに過ぎない。10年の調査に基づく、臓器源の真相に迫るドキュメンタリー。無実の犠牲者数は毎年数万人に上ると推定されている。人道に反する犯罪を暴く。

現在の中国では、どの国よりも多く、臓器移植が行われています。しかし臓器源に限りがある中で、どこから臓器が取られているのでしょうか?

国際的な調査者による10年にわたる調査の結果、巨大な臓器移植産業の需要を満たすため、中国政権が良心の囚人を系統的に殺害していることが明らかになりました。

世界中の患者が中国で渡航移植している現在、臓器のための殺害はグローバルな犯罪と化しています。

 

最近の記事

2020年3月18日 衆議院第二会館にて「臓器移植を考える全国地方議員の会とウイグル会議合同会議」が開催されました。

2020年3月25日

2020年3月18日 衆議院第二会館にて「臓器移植を考える全国地方議員の会とウイグル会議合同会議」が開催されました。

【「正論」令和2年3月号】 特集:中国人権弾圧 絶望の慟哭:「臓器狩り」は〝疑惑〞の域を超えた

2020年3月21日

【「正論」令和2年3月号】 特集:中国人権弾圧 絶望の慟哭
「臓器狩り」は〝疑惑〞の域を超えた昨年十一月三十日、「二〇〇八年イスタンブール宣言から十一周年記念」と銘打って日本、台湾、韓国のアジア三カ国・地域合同による臓器移植問題の国際シンポジウムが東京大学で開催された。ホスト国である日本からは、「移植ツーリズムを考える会」(稲垣兼太郎理事長)と、筆者が事務局を預かる「中国における臓器移植を考える会(SMG=Stop Medical Genocide=ネットワーク)」(加瀬英明代表)が共催団体として参加した。

【2020.2.29】習近平「国賓」招聘反対集会、【3.8】習近平「来日NO!」大行進

2020年3月20日

2020年2月29日、中国の習近平中国国家主席を国賓として招聘することに反対する日本と関係諸国の代表が東京は文京区民センター3階の大講堂に集まり、所見を述べました。翌月3月8日には「習近平国賓招聘反対国民総決起大会 & 1万人銀座大行進」と銘打ち、東京日比谷の野外音楽堂に日本の保守団体が一同に介し、決起集会とデモ行進を敢行しました。

【Front Japan 桜】台湾の知見から学ぶ日本政府のすべきこと / 映画『馬三家からの手紙』~レオン・リー監督インタビュー / 米アカデミー賞に異変あり・作品賞分析

2020年2月19日

 【Front Japan 桜】台湾の知見から学ぶ日本政府のすべきこと / 映画『馬三家からの手紙』~レオン・リー監督インタビュー / 米アカデミー賞に異変あり・作品賞分析

2020年1月20日、中国における臓器移植を考える会(SMG)、KAEOT【韓国】及びTAICOT【台湾】が共同で「東京宣言」を行いました。

2020年2月11日

2020年1月20日、中国における臓器移植を考える会(SMG Network)、韓国臓器移植倫理協会(KAEOT)及び台湾国際臓器移植関懐協会(TAICOT)が共同で「東京宣言」を行いました。

【神奈川新聞カナロコ】「ウイグルの現状知って 逗子で弾圧テーマに講演会 」

2020年2月11日

令和2年2月8日日曜日、逗子文化プラザ さざなみホールで開催されたウイグル証言集会のイベントの記事です。【神奈川新聞カナロコ】「ウイグルの現状知って 逗子で弾圧テーマに講演会 」(こちらをクリックしてください)

 

 

注目記事

【英国】中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像【日本語字幕付き】
英国で実施された、中国臓器狩り問題に関する民衆法廷の最終裁定の要約映像(9分)の日本語字幕付き動画が公開されました。
議長:ジェフリー卿
「10年以上におよび、中華人民共和国の邪悪で残虐な行為は、一般の問責を浴びてきた・・その残虐さと邪悪さは中世の拷問・処刑に匹敵する」
・・・・
「我々全てが生息する地上では、極端に邪悪なものが一時的に権力を握っている。現代に知られる最古の有数な文明国を、現在は邪悪が司っている。我々が尊重し学び取れるはずの国である」

調査報道セブン

【TV朝鮮】「調査報道セブン」中国渡航移植の闇 ― 生きるための殺害

2017年秋、韓国のTV朝鮮より放映された”調査報道セブン”「中国渡航移植の闇 ― 生きるための殺害 中国での移植ツーリズムの実態を暴く」の日本語字幕付の映像が公開されました

映像では、臓器移植が必要な患者として、実際に中国臓器移植を行う病院へ行き、その実態を調査しています。

 


pandaA_B

ポスター拡散キャンペーンにご協力ください!
【19/9/24】印刷用の高画質版データを掲載しました。
私共SMGネットワークは、中国の臓器移植問題をより多くの人に知っていただくための活動の一環としてポスターキャンペーンを始めました。人の集まる所に当ポスターを張っていただき、多くの人にこのポスターを見ていただき、この問題に関心をもっていただきたいと思っております。ご協力の程、よろしくお願いいたします。