メディカル・ジェノサイド

~中国の臓器移植産業の隠れた大量虐殺~

現在中国では、国内で自主的に臓器を提供する者はほとんどいない。中国政府は死刑囚から臓器を摘出していることは認めているが、その数は中国国内での移植件数に比べてわずかに過ぎない。10年の調査に基づく、臓器源の真相に迫るドキュメンタリー。無実の犠牲者数は毎年数万人に上ると推定されている。人道に反する犯罪を暴く。

 

現在の中国では、どの国よりも多く、臓器移植が行われています。しかし臓器源に限りがある中で、どこから臓器が取られているのでしょうか?

国際的な調査者による10年にわたる調査の結果、巨大な臓器移植産業の需要を満たすため、中国政権が良心の囚人を系統的に殺害していることが明らかになりました。

世界中の患者が中国で渡航移植している現在、臓器のための殺害はグローバルな犯罪と化しています。

 

最近の記事

maruyama

逗子市市議会議員・丸山治章が語る日本の大問題―「日本人は杉原千畝から学ぶことがまだあるはずです

2018年5月15日

地方議員ネットワークの代表世話人:神奈川県逗子市市議会議員・丸山治章へのインタビュー記事が掲載されました。(VisionTimes)(こちらをクリックしてください)

中国の臓器移植について問題提起@福岡市博多区千代

2018年5月9日

平成30年5月7日(月)中国の臓器移植問題について街頭活動を実施しました。場所は福岡市博多区千代にある妙見通り交差点です。弁士は笹原事務局次長

2018.6.7【福岡】「ヒューマン・ハーベスト」上映会と国際弁護士による報告

2018年4月25日

福岡にて、「ヒューマン・ハーベスト」上映会と国際弁護士による報告を行います。