全ての記事

 

IPAC(対中政策に関する列国議会連盟)人権フォーラムにて臓器収奪問題が提起

IPAC(対中政策に関する列国議会連盟)人権フォーラムにて臓器収奪問題が提起

2023年3月8日

東京で2月17日に開催したIPAC(対中政策に関する列国議会連盟)の国際人権外交フォーラムでは、主催側の「人権外交を超党派で考える議員連盟」共同会長の舟山康江参議院議員が、中国臓器収奪問題について言及し「犠牲者は多く、議連で議論していく」と発言しました。

【2023/3/4~3/5】イーサン・ガットマン来日・講演会のご報告

【2023/3/4~3/5】イーサン・ガットマン来日・講演会のご報告

2023年3月7日

3月4日午後、東京有楽町の交通会館会議室にて、中国専門アナリスト、イーサン・ガットマン氏の講演会が開催されました。主催は三省堂書店。通訳を交え、約1時間の講演会でした。 まずガットマン氏は、参加者並びにこの講演会の主催者、通訳の方々に御礼を述べた後、今日お話しする中国による臓器収奪は、過去の問題ではなく、現在進行形の問題であることをまず認識してほしいと述べました。そして、この問題の解決のためには何よりも粘り強く取り組むことが重要であること、中国の臓器収奪は、まずは法輪功に始まり、チベット、ウィグル、カザフなどのトルコ系民族に移行しているが、根本的な中国の国家犯罪としてのシステムは全く変わっていないと述べました。・・・

【23/4/8(土)相模原市】映画「ヒューマン・ハーベスト」上映会・デービッド・マタス国際人権弁護士来日講演会のお知らせ

【23/4/8(土)相模原市】映画「ヒューマン・ハーベスト」上映会・デービッド・マタス国際人権弁護士来日講演会のお知らせ

2023年3月1日

 令和5年4月8日(土曜)14:00~16:00(上映は50分程) 場所:神奈川相模原市:ユニコムプラザさがみはら ミーティングルーム4、中国の臓器移植問題を取り上げた映画「ヒューマン・ハーベスト」の 上映会・国際人権弁護士デービッド・マタス氏講演会が開催されます。主催は弊会の姉妹団体、NPO法人:移植ツーリズムを考える会 。(定員30名)

【2023/3/4 東京有楽町交通会館】イーサン・ガットマン来日講演会のお知らせ

【2023/3/4 東京有楽町交通会館】イーサン・ガットマン来日講演会のお知らせ

2023年2月25日

 東京有楽町交通会館にて、三省堂書店(有楽町店)の主催で、英国よりイーサン・ガットマン氏の来日講演会が開催されます。同氏は、ワニプラス出版の「臓器収奪―消える人々」著作者で、中国専門のアナリスト、人権問題の調査者、2017年ノーベル平和賞の候補者に推薦されています。 昨今、国内では、NPO法人による渡航移植のあっせんに関する話題が取り上げられています。記事によれば、コロナ前には中国での移植をあっせんした経歴もあったようですが、残念ながら、中国の臓器移植問題の状況について詳しく触れられていませ・・・

SMGメンバー内で、加瀬英明先生、野村先生を偲ぶ会を行いました。

SMGメンバー内で、加瀬英明先生、野村先生を偲ぶ会を行いました。

2023年2月19日

2月、SMG会内で事務局長の野村旗守氏と代表の加瀬英明氏の偲ぶ会を行い 故人の思い出について、語り合いました。 この臓器収奪問題について、野村氏が陰ながら尽力していた話などがありました。

2022.10 カナダ国際人権弁護士 デービッド・マタス氏によるインタビュー動画のご紹介

2022.10 カナダ国際人権弁護士 デービッド・マタス氏によるインタビュー動画のご紹介

2022年11月30日

 2022年10月、カナダの国際的な人権擁護の弁護士デービッド・マタス氏が、日本での国際会議での講演に伴い来日されています。その折、中国の臓器移植問題に関するインタビューがされていますので、その動画をご紹介します。  マタス弁護士は、故デービット・キルガーカナダ元閣僚と「中国臓器狩り」を共著。世界に臓器収奪問題の深刻さを初めて指摘した一人者です。 

【2023年9月~12月、埼玉、大阪、東京】「生体臓器収奪を制止せよ」国際ポスターコンテスト、受賞作品展覧会のお知らせ

【2023年9月~12月、埼玉、大阪、東京】「生体臓器収奪を制止せよ」国際ポスターコンテスト、受賞作品展覧会のお知らせ

2022年11月23日

 2023年9月~12月、埼玉、大阪、東京にて、「生体臓器収奪を制止せよ」2020年台湾・韓国・日本の共催で、世界中のデザイナーたちに呼びかけ、臓器収奪に関する認識を広めるために、ポスターデザインコンクールを開催しました。 70か国から1049点の応募があり、アメリカ、スウェーデン、イタリア、日本、韓国、タイなどの国際審査員を招き、最終的に49作品を選出しました。その選出作品のポスター展になります。世界のデザイナー達が、どういう思い・アイデアでポスターを制作されているか、皆様に知っていただければと幸いです。どなたもお気軽に、お越しください。

(代表)加瀬英明 ご逝去のお知らせ

(代表)加瀬英明 ご逝去のお知らせ

2022年11月23日

 弊会 代表の加瀬英明が令和4年11月15日、逝去いたしました。(享年85歳)生前は、発起人として SMGネットワーク(中国における臓器移植を考える会)を立ち上げ、・・・

(事務局長)野村旗守 ご逝去のお知らせ

(事務局長)野村旗守 ご逝去のお知らせ

2022年11月20日

  葬儀は近親者および近しい友人のみで行われ、葬送されております。  生前は中国臓器狩り問題に対して声を上げ、問題の周知、啓発活動を続けていました。日本のみならず台湾や韓国、米国、英国における医療倫理活動にも積極的に取り組んでいました。・・・

2022.10【東京:参議院会館 10/24、横浜 10/22】カナダ国際人権弁護士 デービッド・マタス氏 来日講演会「中共による人権侵害 ― 臓器収奪の現状と世界の動向」のお知らせ

2022.10【東京:参議院会館 10/24、横浜 10/22】カナダ国際人権弁護士 デービッド・マタス氏 来日講演会「中共による人権侵害 ― 臓器収奪の現状と世界の動向」のお知らせ

2022年10月10日

カナダの国際的な人権擁護の弁護士、著者、研究者、デービッド・マタス氏が来日します。 2006年報告書『血まみれの臓器狩り』を発表(書籍版『中国臓器狩り』アスペクト社)。故デービット・キルガー元カナダ大臣との共著で、世界に臓器収奪問題の深刻さを初めて指摘しました。以来、認識を高めるために世界各地で講演をし続けています。このたゆまぬ活動の一環として来日されます。法輪功だけでなく、ウイグル人、他の少数民族にも広がる臓器収奪の現状を訴え、世界の動向を解説します。