3月23日、東京文京シビックセンターにて、デービッド・マタス弁護士来日に伴う有識者懇が開催されました

【東京】デービッド・マタス弁護士来日 有識者懇が開催されました

 

3月23日、東京は、文京シビックセンターにて、中国臓器狩り問題の第一人者でノーベル平和賞候補にも上がったデービッド・マタス弁護士を招き、法律・人権・医学・メディアの各分野の方々にご参加をいただき、有識者懇談会が開かれました。

医療ジャーナリスト協会理事で東京医療保健大学客員教授の日比野守男先生、琉球大学医学部名誉教授で修復腎移植の権威である小川由英先生、また、各種メディアにて中国の臓器移植問題を取り上げているノンフィクション作家の河添恵子氏など、各界の重鎮の方にご参加いただきました。

 

イギリスで開催されている「中国での良心の囚人からの強制臓器収奪に関する民衆法廷」の内容が紹介されました。

等など、有意義な会議が持てましたことをご報告します。

 

 

関連記事:

月刊WiLL-2019年3月号:「中国「臓器狩り」の実態」

月刊WiLL-2019年2月号”イギリスが暴いた中国臓器狩りの戦慄” 

ETAC(中間裁定)