活動記録

 

2018-12-06-stopoh-event

【12/6 東京都】『中国臓器狩り・十年の調査』上映会・意見交換会

2018年12月3日

2018/12/6(木曜)、東京都中央区日本橋にて、移植ツーリズムを考える会主催による『中国臓器狩り・十年の調査』上映会・意見交換会が開催されます。この上映会は東京、台北で同時開催され、この調査を行ってきた中国の元軍医、汪志遠氏を交えた意見交換会も予定されています。

月刊フォーNET(2018年7月号)でデービッド・マタス氏へのインタビューが掲載されました。

2018年8月17日

月刊フォーNET(2018年7月号)でデービッド・マタス氏へのインタビューが掲載されました。題名は”人類史上最悪の「悪魔の所業」中国の臓器狩りの実態を語る” 2018年6月のデービッド・マタス氏の福岡訪問の際のインタビュー記事です。

第1回地方議員ネットワーク全国集会が開催されました。

2018年7月21日

第1回地方議員ネットワーク全国集会が開催されました。

2018.6.2~6.7、上映会・国際人権弁護士による講演会のご報告

2018年6月29日

2018.6.2~6.7、名古屋、茨木、奈良、広島、福岡にて行われた上映会・デービッドマタス国際人権弁護士による講演会の様子をまとめました。

ジャコブ・ラビー医師のスピーチ

2018年1月29日

本日、私の個人的な旅路が、イスラエルから中国への渡航移植という険しい土地に突入し、イスラエルの新しい臓器移植法の成立へと導かれ、イスラエルの臓器提供と移植の状況を100%変えることになった経緯をお話ししたいと思います ...

2018-1-23-matas

デービッド・マタス氏のスピーチ

2018年1月29日

中国の臓器移植はどの程度までが闇市場であり、どの程度まで中国共産党と中国政府が駆動しているのでしょうか? 今日はこの疑問を中心に取り上げたいと思います。  ...『最新報告書』に、中国で臓器のために無実の人々が大量に殺害されていることは国家/党が駆動 しているといういくつかの証拠があることだけでもお伝えできればと思います。中国で臓器のために無実の者が大量に殺害されていることは、国家/党が先導する者であることを示す9つの点を指摘していきます。

2018-1-23-kilgour_snap

デービッド・キルガー氏のスピーチ

2018年1月29日

デービッド・マタス氏と私は、法輪功学習者を対象とした臓器収奪・闇売買に関する継続的な報告についてのボランティアとしての調査依頼を、「法輪功迫害真相を調査する連合調査団」(CIPFG)に受けました。私たちは報告書2回と書籍『中国臓器狩り』を発表し、今も調査を続けています。 中国で2000-2005年の間41,500件の移植手術かあり、臓器源は良心の囚人である法輪功学習者であることに疑いないとする結論に達しました・・・・

miura kotaro

三浦小太郎氏による発足記念講演会の報告

2018年1月24日

三浦小太郎氏によるご自身の FB での報告文。
1月23日、午後1時半から、参議院議員会館B107会議室にて、「中国の臓器移植を考える会( 別称 SMGネットワーク)の結成大会が開催された。司会はジャーナリストの佐波優子氏、約100名ほどが参加。