2018年7月2日、中国臓器収奪リサーチセンターから新しい報告書が発表されました

 

2018年7月2日、中国臓器収奪リサーチセンターから新しい報告書が発表されました

 

2018年6月30日(土)~7月5日(木)にかけて、スペインのマドリードにて開かれた国際移植会議にて、中国臓器収奪リサーチセンターから新しい報告書が発表されました。
※趣旨と概要の部分のみ、日本語に翻訳されています。

報告書によれば、”中国は臓器提供と臓器移植の「中国モデル」(無実の者の殺害が根底にある制度)をアジア、一帯一路地域、さらに世界へと拡張し始めており、国際社会全体をこの臓器収奪犯罪に巻き込もうとしている。”とのこと・・

日本社会へのさらなる働きかけが求められています。


中国での移植濫用(まやかしの改革) ※趣旨と概要のみ
ダウンロード(4M)

Transplant Abuse in China
Continues Despite Claims of Reform
※英語の原文(全文)
ダウンロード



関連記事

[EPOCH TIMES] 国際移植会議、人権団体が「倫理違反」で中国医師を批判