広島でのドキュメンタリー上映と調査報告会のお知らせ

【広島】ドキュメンタリー上映と調査報告会のお知らせ

medicsl genocide
メディカル・ジェノサイド
2018/6/6(水曜) 19:00~20:30
広島弁護士会館
〒733-0012 広島市中区上八丁堀2-73

ドキュメンタリー上映と調査報告会

中国では、現在世界で一番多く臓器移植が行われています。しかし、移植用の臓器がどこからやってきているのかを明確に示す資料はありません。信じがたいことですが、移植用の臓器を目的とした計画的組織的大量殺人が行われているとする調査報告もあります。 この度、この問題に関するドキュメンタリー「メディカル・ジェノサイド」の上映と、この問題を2006年以来調査しているカナダの人権弁護士デイビッド・マタス氏による最新情報を踏まえた調査報告会を開催します

 

参加費:無料

問い合わせ:082-836-3342(石橋事務所内 担当:石橋林太郎)

対象:どなたでも(要事前申込み)

締め切り:2018年6月1日(金)

講師:David Matas デイビッド・マタス (カナダ人。人権弁護士。調査報告書「Bloody Harvest/ The Slaughter」(中国臓器狩り/ザ・スローター(殺処分))共同執筆者。)

 


デービッド・マタス氏 来日
カナダ/国際人権弁護士
2010年ノーベル平和賞候補者

福岡での上映会(6/7)

名古屋での上映会(6/2) ※移植ツーリズムを考える会
会場:ウインクあいち(14:00~16:00)

川崎市での上映会(5/26) ※移植ツーリズムを考える会

主催:SMGネットワーク